カー用品 freedpage

エアコンフィルター交換

最近の車はオートエアコン車が多く標準でエアコンフィルターが付いてきている。古い車も当時はオプション設定でエアコンフィルターが準備されていた。
でも、実際にエアコンフィルターの交換をしているという方は少ないかもしれない。(交換目安は1年または走行距離15,000qとされている。)

実際1万キロ走行後のフィルター左と新品右

汚れたフィルター写真は同じタイプのエアコンフィルターですが、1年でこのように汚れています。
家庭用のエアコンフィルターと違い再利用は考えて作られていませんので交換が必要になります。
エアコンフィルターは保安部品ではないので車検や点検では見てくれませんので自己管理となります。
もし、エアコンの効きが悪いとか匂うとか燃費が悪化したとかのいずれの症状が出てきた場合は以下に確認または交換手順を写真付きで解説していますのでご参照ください。

作業手順

エアコンフィルターは最近の車には標準装備で付いてきます。
場所は助手席のグローブボックス裏になります。
グローブボックスグローブボックスを外す準備をしましょう。
グローブボックス取り外し
グローブボックス左奥グローブボックス右側
上部の写真のような開けたら赤部分を軽く内側に押すと脱却ができます。
軽い力で動きます。
フィルターボックスカバー
グローブボックスが外れたら奥にフィルター脱着用のふたが有ります。
フィルターボックス左 フィルターボックス右
両側に爪が有るので内側方向に押しましょう。
手前に外れます。
フィルターが見えたフィルターが現れました。
この時点ですでに汚れているのがわかります。
フィルターは波上の紙なので両端部分をつまんで引き抜きます。
汚れたフィルター全体
拡大1 拡大2
写真は汚れた面を写しましたがかなり汚れています。
埃、ペットの毛、衣類の毛、火山灰が凄いです。
走行1万キロくらいでこんな状態です。
1万キロで交換するのがベターでしょうね。
さて、自分の車のフィルターを確認できたでしょうか?
ディーラーや一般的なカー用品店では結構なお値段がします。エアコンフィルターは保安部品ではないので社外品でも問題はありません。
自分は安いネット販売のものを毎回使用していますし今回は3回目のリピート購入となりました。
下記リンクより売り場にジャンプします。

楽天市場のエアコンフィルターコーナー
購入時には自分の車の車種年式や取扱説明書を見て確認して購入しましょう。
佐川急便にて配達楽天市場のMTKというところで購入しました。商品価格は1,500円で送料が500円ほどかかりますが、合計してもかなり安く買えます。(佐川急便にて配達されました。)
パッケージ表 パッケージ裏
画面をクリックすると別画面で拡大されます。(安くて高性能です。)
取扱説明書
付属品はフィルターはもちろん、取扱説明書、交換目安ステッカーが付いています。(しっかりしたものです。)
取り付けは外した作業手順を逆にすればいいです。 交換時期ステッカー 見やすいところに
交換目安のステッカーはグローブボックス内の手前に貼っておくと忘れずに済みます。