現在、この車がメインです。少しずつですが弄っていきます。(2017年5月1日納車)

日常のメンテナンス

今回も前回と同じホンダオートテラスさんにお世話になります。 エンジンオイルは0W20という低い粘度のものが推奨となっています。(社外品に目が行きますが普通に乗るのであれば純正品が一番です。)
交換サイクルは経年劣化も考慮して5,000㎞~10,000㎞程度毎での交換が無難でしょう。(一昔前は3000㎞とか3ヵ月と言われていたころに比べると手間がかかりませんしコストも低い。)
オイルフィルターの交換はオイル交換1回(10,000km)または2回(5,000km)に対して前者1回、後者2回の割合で十分です。つまり10,000㎞くらいでオイルと同時交換。
ATオイルに関しては購入状況にもよりますが変速ショックがはっきりと感じられるような場合要交換です。(ディーラーで購入の場合は神経質にならなくてもいいかもしれません。)自分の車は複数オーナーでしたが、記録簿があり納車整備時に交換済みでした。因みに5速オートマチックなのでCVTとは違い高級感があります・・・(ライバル車はこの排気量だとCVT)

中古車ですがちゃんとメンテナンスしておけばエンジン、ミッションは大丈夫です。 エンジン、ATに関しては以上ですが、経年劣化によるゴム部品、スポンジ部は傷んでいる場合が多いです。(まだ10年くらいなのでそれほどシビアに考えることはないでしょうが永く乗っていくとトラブルも出てくるでしょう。)
バッテリー、点火プラグ、点火コイル等も大事です。なお、交換方法はステップワゴンのページに公開していますのでご参考になると思います。

中古車購入でまず確認するところ

  • 走行距離は低走行車が無難なので目安としては70,000㎞前後がねらい目。(低走行になればトラブルも少ない。)
  • 記録簿があることが大事。
  • 中古車でも保証期間が延長できるディーラー系の中古車が良い。
  • 実際に現車を確認するのも大事。(外装、内装はもちろん可能ならば試乗するのが望ましい。)

上記を踏まえて購入すればトラブルも少なくなる。しかし、10年落ちとなると装備では機能が使えない場合も多々あるので納得して購入してほしい。(USB、通信ナビ、HDMI、bluetooth等は最近の技術であるが10年前はないなど。)

次のページではインターナビ通信復活編です