ブレーキランプLED化

LEDバックバルブへ交換(2009年実施)

2011年以前モデルはT16規格(直径16mm)の電球が使われています。
現在のモデルはテールユニットがLED化(ブレーキのみ)されました。また、バルブがT10(直径10mm)になってしまいました。
このページでは2008年~2010年までのモデルT16バルブに関するページとなります。(T10仕様でも作業方法は大差ないと思いますので参考になればと思います。)

バック用LEDバルブ

これが、T16LEDバルブです。
2009年のものなので、現在はさらに種類が増えています。
白色砲弾LEDとサイドにFLUXLEDが採用されています。

ソケット

取り付け方法はブレーキLED化のをご参照ください。
ブレーキLED化のページへジャンプ

点灯1

点灯確認は夜が見やすいです、コンビニや自宅の壁に向けて反射させてみる。
コンパクトデジカメと三脚を準備できるのであればセルフタイマー機能を使って撮影するのも有りですね。(フラッシュ機能はオフで)
写真のようになかなり光量があるので実用上問題ありません。
2013年現在はGREE製という高性能LEDが普及しLEDフォグに採用されるようになるほど高性能になっています。
2013年11月現在は4年経っても光量が変わらず高寿命であることが自分では確認できています。(無点灯箇所は未だ発生しておりません。)

T10、16対応バック用LED

バックランプ T16 T10 LED バックランプ ポジション MIRA-SMD 12V 24V 両対応

価格:1,980円
(2018/7/22 00:22時点)
感想(1225件)

フリードのテールランプの奥行きが浅いので純正球とほぼ同じサイズのものを選ぶのが良いでしょう。

低背ヒューズセット 7種類 各10個 計70個 セット MI-FUSE7-TE [メール便発送、送料無料、代引不可] 02P03Dec16 【YDKG-kd】【smtb-KD】[その他CA]

価格:500円
(2018/7/22 00:28時点)
感想(1件)

備考:
バック用LEDに交換後は点灯テストを行わないといけないけれどどうすればいいだろうか?
一人での作業では上記の問題があるが、昼間に確認する場合はカメラと三脚でセルフタイマーを使用してチェックができるが、夜に交換すると壁に反射させて確認 することができる。

次のページではフロントスピーカー交換編です。