足回り交換編

外装(見た目)も格好良くしたいですね。
最近、フリードの人気が高いのでフリードをよくみます。乗っている方が多いということはもちろん評価が高いっていうことでしょう。上記のコーナーでは主に内装を弄りましたが、外観を変えるのも楽しいし、自分流になるので個性を醸し出したいかたはこのコーナーが少しでもやくにたつとうれしいです。

足回り編

何はとりあえずオシャレは足下からでしょう。
ここからは財務大臣との交渉が必要かな?(お金が掛かります。)まずは手始めに楽天 みんカラなどのSNSで自分と同じ愛車情報を見てみて知識を入れましょう。
そのあとショップ(カー用品店)で気になる商品を実際にみて店員さんと仲良くなって情報収集。結構、これは大事ですよ。
ここからは自分の経験上の行程を伝授します。

車高調のメーカーを決める

(注意:ハイブリッド車は型式が異なりますので該当しません。) いきなり、車高調(自由に車高を変えられる)キットかよ・・・と思われる方もいるでしょう。これにはこれから後悔しない買い物の第一歩だと思います。

フロント足回り

これは、取り付けてもらった後に撮ったフロント部の足回りです。
下部のほうにねじ状になっているのがお分かりでしょう。このねじの位置で自分の好みの車高が上下に調整できます。(メーカー推奨値が無難です。)

リア部

この写真を見ての通りリア部はサスペンションとショックアブソーバーが独立しています。これは意外なことにサスペンションのほうに車高調整が刻まれていてショックアブソーバーは固定になります。 このような構造は珍しいです。(ほかのメーカーは2~3cmダウンの固定式)
自分はこのメーカー(RS-R)に決めていました。乗り心地もノーマルとあまり違和感が感じないです。
取り付けはショップかディーラー持ち込み(1H=7000Kx3)21,000円かになりますが、アライメント調整可能のショップでは工賃は4万円くらいと考えて良いでしょう。流石にDIYでは難しいでしょうから・・・ 2011年2月にショックアブソーバーのオイル漏れが発覚しました。左前輪部の1っ箇所ですがオーバーホールが必要だとのことですまだ走行距離は2万キロ弱での発生です。 (結局、フロント2本をオーバーホールに出しました。1本18,000円です。工賃、アライメント代と結構、お金が飛んでいきました。) 2012年3月にTEIN STREET BASIS(ネジ式減衰力固定式)に買い替えました。
社外品は保証が1年、1万キロと結構シビアです。当たり外れもあることを考えると安くて評判が良い物がいいですね。

フロント1

見にくいですが、TEINの緑色に変わりました。

フロント2

この写真はフロント部のバネですね。緑です。

リア1

リアもだいぶ変わりました。

リア2

目立たないけれど、RS-Rほどのインパクトはありません。まあ、普段は見えないですからね。

TEINへ変更後

写真をクリックすると拡大します。ネジ式とはいえかなりコストパフォーマンスがよくていいです。純正のアッパーマウントを使用するのでものはいいと思います。乗り心地もこのくらいの車高だとRS-Rとあまり変わんらないです。

楽天市場にアクセス(ガソリン車対応のみです。)

車高調式サスペンション(ねじ式&全長式)

送料無料(一部離島除く) TEIN テイン 車高調 STREET BASIS Z ストリートベイシスZ ホンダ フリード(2008~2016 GB3・GB4 GB3)

価格:65,610円
(2019/2/10 21:58時点)

テイン フレックスZ ホンダ フリード/フリードスパイク GB3用 VSB86-C1AS2【車高調】【自動車パーツ】TEIN FLEX Z

価格:82,620円
(2019/2/10 21:52時点)

比較的安価なテインの車高調サスペンション。
アッパーマウントは純正を再利用します。(コンパクトカーはどのメーカーも純正マウント使用ですね。)

タイヤ・アルミホイールを決める

フリードには純正で14インチか15インチが付いていますが、ローダウンしただけではさっぱりしないでしょう。つぎは重要なインチアップをしましょう。
フリードは必然適に4穴100ピッチのアルミホイールしか選択肢がありません。前車(ドマーニ)からそのまま移植できたのは奇跡というしか有りません。 オフセットが肝心なんです。
前車(ドマーニ)についていたタイヤ・アルミホイールは7J・17インチ・オフセット45か48くらいでした。ノーマル車高だと外に出るんですよね(フロントが・・・)。車高調でどうにかフェンダー内に収まる感じでしたがそれでもプロの目からするとNGです。仕方ないのでアーチモールを付けてもらいました。

タイヤホイール

アドバイスとしては6.5J・17インチ・オフセット50くらいでタイヤサイズが205/45という仕様が無難です。実際に装着したら左写真のような感じです。(クリックすると拡大します。)
ホイールデザインは好みによりますが大きく分けて2通りあり、スポークタイプ、ディッシュタイプでしょうか?
スポークタイプという物は写真みたいにホイールセンターから棒状になっているものがそうですね。5本スポークタイプから最近は隙間が少ないものもあります。ディッシュタイプは皿状になっていて外側に穴があいているものをいいます。
カラーもポリッシュ(写真)、メッキ、カラードタイプがありますので本当に後悔しないホイールを選びましょう。(メッキは手入れが大変と聞きます)
アルミホイールを新調しました。
最近、今まで履いていたホイールに結構ガタが目立ってきて、リムも変形してしまったしガリ傷も無数にあるしフリードには可哀想(似合わない)な思いをさせてきましたが、ホイールをレイズ製の日本製に換えました。

新調ホイール

サイズは7JX17インチ、100、+52です。
タイヤは現在のタイヤ(ヨコハマアース1)を流用しています。
タイヤサイズは205/45です。
ホイールナットは軽量ジュラルミン製のものを奮発して購入。
古いホイールは下取りがついて7200円で買い取ってもらいました。

新しくなったよ

オフセットがピッタリでフロントは今まではみ出ていたのがツラ位置で決まりました。
これでゴム製のオーバーフェンダーは外れることになりました。
すっきりしましたね。

後ろ

リアは若干内側に入り込んでいますね。スぺーサーでも入れてみようかな?

次のページでは車高を自分で調整しよう(DIY編)です