メニューリスト

筆者は新旧の海外ドラマが昔から好きで、80年代は大草原の小さな家、ナイトライダー、エアーウルフ等リアルタイムで観たものですが、新しい海外ドラマも見始めるとハマります。 新しいドラマは画質はもちろん音質も向上していてDolbyサウンドを採用しているのでシアターシステムで観ると迫力があるんですよね。

海外ドラマ観るならU-NEXT

今月のおすすめ見放題海外ドラマ

マニフェスト 828便の謎シーズン2 ヤング・シェルドン シーズン3(2020年) DEBRIS デブリ(2021年)

映画も洋画以外に邦画も好きですね。新旧の映画を観るとその時代背景を感じますが古い映画も映像をリメイクすることによって高画質で観ることもできる作品が多くなりましたね。 70、80、90年代2000年代とどの時代の映画もよく観ますが1回目観て、また、2回目と繰り返して見ることも多いですね。※映画マニアなので映像、音とほかの視点から観ることが多いです。

様々なジャンルの映画を観るならU-NEXT

今月のお勧め映画

ピーターラビット(2018年) イコライザー(2014年) ういらぶ。(2018年)

メディアからオンデマンド配信に主流が変わりつつある2020年代

このサイトで紹介するオンデマンド配信とは今までDVD等のメディアでの視聴が中心だったものがインターネットを介してスマートTV、PC、スマホ、タブレット等で視聴可能な会員制の動画サイトのことになります。

2010年初頭はまだ携帯電話はガラケーからスマートフォンへの移行期間でしたね。スマホの普及により各メディアの在り方も変化してきましたね。

ここでは動画サイト、音楽サイトを主に活用させたいという方向けに特化しました。 オンデマンドを利用するにはどうすればいいでしょう?まずは、ネットワーク環境が大事です。最近はスマホで楽しむ方も多いのですが通信費が掛かります2時間程度の動画を観ると1~2ギガは使用しますのでスマホプランでも容量の大きい60GB契約の月額6,000円程度のプランでないと楽しめないでしょう。 2021年3月から携帯電話の料金プランが変わるとのことですが20GBまででしたよね?残りの40GBは追加料金かな・・・

やはり、ここは家庭内の光回線を利用するのがお得ですね。ドコモ、au、ソフトバンクの大手も携帯電話とオプションで光回線を利用することができます。光回線で無線LANがあればスマホもタブレットも通信費を気にせずWiFiでオンデマンドを十分楽しむことができるようになり大画面のTVでもオンデマンドを楽しめます 2020年中頃までは光だけれど時間帯で速さが変わり動画をスムーズに再生できないなどのトラブルが結構ありました。今でも皆無とは言いません方式が旧式のPPPoEだと・・・

2020年6月にプロバイダのOCNが法人のみに提供していたIPoEを個人にも提供するとアナウンスがありました。バーチャルコネクト対応という前提での提供となりましたが結構皆さん知らないということが多いですよね。

IPoEのページリンクをクリックするとIPoEの説明のページにジャンプします。

上記のリンク先のIPoEの説明ページを見たら理想的な環境を理解してもらえたと思います。

2021年現在は光だとIPoE接続が標準になっています。新規での光契約でしたらIPoEですので通信速度というところはクリアできるんではないんでしょうか?ただし、契約するプロバイダによっては夜間19時~22時が非常に遅いとかの問題はありますのでプロバイダ選びは慎重に選びましょう。