パナソニックカオスへバッテリー交換。

納車日から新品バッテリーが付いていきましたが、11月22日(納車日から1年と8カ月)にバッテリーが弱くなっていることを指摘されていました。
46B24Lが純正バッテリーですが、左の数値46が容量、右寄りの24はバッテリー本体のサイズを示します。最後のアルファベットのLは+(プラス)端子が左にあるという意味です。(Rの場合は右が+端子)
適合バッテリーでもっとも最大容量は80ということでしたがこれぐらいもあると店頭ではかなりの値段・・・
国産で有名なブランドはパナソニックCAOSシリーズで軽量ながら保証期間が長いのが売りのバッテリーです。(フリードに乗っていたころもこのカオスを入れていました。→フリードバッテリー交換のページ
早速、楽天市場で安く購入することに。

バッテリー交換の手順を紹介します。

panasonic caos C5

純正バッテリー(46B24L)からの容量アップで楽天市場で購入。80B24LのCAOSシリーズの最高峰C5です。交換時にリセットがかからないようにエーモンのメモリーバックアップも同時購入。

メモリーバックアップ

これがメモリーバックアップのツールです。単3電池6本使用しますが重宝します。目的は電装品にリセットがかからないようにするため。パワーウインドーのワンタッチ機能を保持したり、カーナビ、時計、等のバックアップ電源になります。

廃棄バッテリー引き取りサービス

バッテリーの古いのは回収引き取りサービスが付いているので安心です。

準備するもの

電気なので絶縁しないと危険ですのでゴム手袋は必要で、ターミナルや固定バーを外すスパナが必要です。

施工開始

古いバッテリーをつないだままで赤四角の固定バーは外しておきましょう。(写真は固定バーが付いたままですが・・・)
プラス端子(赤)にメモリーバックアップのワニ口を挟みます。
マイナス端子(黒)にメモリーバックアップのワニ口を挟みます。

載せ換え

古いバッテリーを取り外しますが、プラス端子が金属部に当たらないように注意します。また、ステップワゴンにはバッテリーを囲むような保護カバーが付いていますのでこれから取り外します。
新しいバッテリーをもとの位置に載せて取っ手を外して保護カバーをもとの位置につけます。固定バーも元の位置へ仮止めします。
プラス端子へ接続してから、マイナス端子を接続します。(端子部はしっかりと固定します。)

換装後

メモリーバックアップのワニ口を外します。固定バーを交互に増し締めして確実に固定したら交換終了。
電装品を確認しましたが、問題ありませんでした。

パナソニック カオス バッテリー N-80B24L/C6 標準車 (充電制御車)用

次のページでは足回り交換編です。