ポジション球(車幅灯)LED化

前回、ライセンス球のLED化で、T10規格のLEDを購入済みだったが、今回は残りの1セットをポジション球に使いたいと思います。

使用したLED

今回は楽天市場にてお試し価格で1セット(2個入り)送料込みで580円の激安LEDを使用。

ポジション球の位置

ステップワゴンのポジション球はヘッドライト内にあります。最近の車はほとんどがこのような仕様のタイプになりましたね。赤丸部がポジション球です。

ソケット位置

ボンネットを開けて、ヘッドライト回りを確認します。外側との位置関係を考えるとこの赤丸部がポジション球の位置になります。

ソケットを取る

作業がしやすいように電源コネクタからを抜いておきましょう。

反時計回り

赤丸部の白いソケットを反時計方向に少し回します。そのことによってヘッドライトユニットからの固定が外れます。

純正球を外す

ソケットから純正球を外しますが、消灯直後はかなり熱を発します。必ず冷めてから滑り止め等がついた手袋を使って抜いてください。(火傷やけが防止のため。)

純正球が抜けたソケット

ソケットは防水のためにゴムパッキンがありますが、念の為金具内に錆がないか確認しておきましょう。
また、LEDのソケットは汎用品が使用されているので純正球に比べると緩い傾向があります。(ラジオペンチなどでソケット内の金具を調整することもあるかもしれません。)

ソケット挿入

LEDをセットする前に電源コネクタにソケットを差し込んでおきます。
左右差し込んだら、スモールオンにする。(無極性の製品はその必要はありません。)
極性を確認するためLEDを軽くソケットに差し込み点灯を確認。(点灯しない場合は+-が逆なので反対にして差し替えましょう。)
点灯が確認できたらLEDを奥まで確実に差し込み固定します。

固定

ソケットをヘッドライトユニットに固定します。時計回りに回すとロックされます。左右とも済んだらこれで作業は終了です。

夜の点灯

夜に点灯させました。デジカメが古いのでシャッタースピードが遅くかなり明るく見えますが、実際はもっと落ち着いています。

単体での写真

単体での写真です。色合いも白く、HID車にはマッチします。明るさも純正球より明るいので満足ですね。
最近はかなり明るいGREE製のLEDを採用したタイプも有りますが、ポジション球に使うのであればSMDタイプで十分です。

PIAA製LEDに交換

上記でポジション球のLED化を取り上げましたが、実は1回点灯しなくなり、交換している経緯があります。
2回目も安価なLEDを取り付けましたが、2か月ほどでダメになってしまいました、価格も2つ入り300円程度のものだったので外れだったのかもしれません。
今回は安物買いは損をするを心得てPIAA製のポジション球に交換した次第であります。(価格は税込および送料込みで1400円程度。)

PIAA製LED

近くのホームセンターでも1,800円程度で売られていましたが、400円ほど安いいつもの楽天市場で購入。
今までのは簡易包装、英語パッケージでしたが、今回は日本メーカー製なので日本語でパッケージされたものです。(製造国は中国ですがPIAAなので品質管理は上のはずです。)

旧LEDとPIAA

旧LED(左側)はヒートシンク等もついてデザインも見た目はカッコいいですが、細かく見るとレンズカバーが接着剤はみ出ていたり、端子が細かったりと残念な箇所がありますが、PIAAは見た目安そうな感じですが、レンズは爪で固定、端子も太いものです。
価格は1,000円近く違うのでPIAA製が高く感じますが、400円しない安物はそれなりのものです。

取り付けてみた

この年式くらいの車はHIDがオプションであるか、特別仕様車でない限り純正はハロゲンです。
オプション価格は50,000円と高いこともあり、市場で出回っている中古車はHID仕様は稀でしょう。
この車もH1という規格のハロゲン仕様です。
LEDが上部赤丸部で、下部赤丸はH1のハロゲンバルブになっています。(ハロゲンバルブは熱を強く発するのでLEDバルブが近いとLEDの寿命が短くなる傾向もあります。)

点灯確認

取り付けたら点灯確認しましょう。今までのLEDは極性がありましたがこのPIAA製LEDは無極性なので、ソケットの差し込みに純製バルブと同じ感覚で差し込み点灯します。(今までは、点かなかったら向きを逆にするという手間がありました。)
今回はPIAA製LEDに交換しましたが、前車フリードで安物LEDで4年半経っても大丈夫だった経緯があり、ステップワゴンも同じ感覚で安物LEDを最初に購入した結果が3回目の交換になってしまいました。
原因はフリードがHIDでポジション球のクリアランスも広かったのに対し、ステップワゴンはハロゲンでポジション球とのクリアランスが狭いことでハロゲンの熱がLEDの寿命を短くしていると考えられます。
今後の寿命に期待しつつ、定期的にレポートしていこうと思いますのでどうぞよろしくお願いします。(決して安物だから悪いとかではなく、使用環境にも影響されやすいLEDです。)

PIAA製T10ポジション球

【エントリーでポイント5倍~】【7月14日(土)20:00~7月21日(土)1:59】PIAA select LEDバルブ HS40 T10(6000K)2個入り

価格:1,296円
(2018/7/22 21:05時点)
感想(4件)

PIAA ピア LEDポジションバルブ LEP108 T10タイプ 200ルーメン 6600K 安心の車検対応設計

価格:4,420円
(2018/7/22 21:12時点)
感想(4件)

次のページでブレーキランプとバックランプのLED化です。