ステップワゴンの納車日

2014年9月1日現在のステップワゴンスパーダです。

アルミと車高調いれた

下記は納車されたばかりのころのスパーダ。

中古のステップワゴン

ステップワゴン スパーダS(RF5)が納車されたのは平成26年4月8日。
すでに10年経過した中古車です。
前車が新車のフリードだったのでエコからエゴになりました( *´艸`)
なぜこの車を選んだかというと一言でいうと大きいし広いし、最後のダブルウイッシュボーン車なので。
また、エンジンは現行モデルとほぼ同じi-VTECですしチェーン駆動なので耐久性はあるほうでしょう。
ミッションは4AT車ですがCVT車以外にも乗りたい気持ちもやや有り。
グレードはスパーダSというスポーティーなモデルのFFの8人のりで色はナイトホークブラック・パール、オプションは2列目ベンチシート、フォグライトですね。(中古車なので選択肢が少ない)
スパーダなのでフロント部分がカッコいいし、ワイドボディーなので迫力あります。

後ろ側

後ろ姿もスパーダ独自の雰囲気です。
購入時の前月(2014年3月)は消費税アップによる駆け込み需要のせいか在庫が少なかったのも事実で、あちこちネットで調べてみて足を運んでみると写真と現車の違いが多いことに気付く。
すでに10年超えのモデルなので、保障なども考えるとオートテラス店(ホンダの中古車取扱店)が安心である。
他の中古車屋の保障は1か月、3か月、1000㎞、3000㎞というのがほとんどなのだがオートテラスだとホッと保障がつけられるので1年に2年の保障で計3年の保障が付くのが魅力である。

多走行車

この型のステップワゴンの中古車はほとんどが多走行車で10万キロオーバーは珍しくないし、普通に販売されている。(購入時はすでに149,000㎞を超えていました。)
エンジンは現行モデルと同じタイミングチェーンを採用しています。(初代はタイミングベルト)
インパネはスパーダ独自のレッドを基調としたスポーティな字発光メーターです。(当時のRB1オデッセイアブソリュートもレッドでした。)

ダッシュボードインパネ周り

インテリアパネルはピアノブラックを採用。シフトもインパネシフトです。(スパーダではないモデルは茶木目調を採用。)
エアコンも使いやすい。(リアはFFがクーラーのみ、4WDはヒーター完備)

マップランプ?

マップランプが在りません。サンルーフ装着車のみ付いているようです。(ライフにも付いているのに・・・)
マップランプ以外は照明が多くスライドドアのカーテシランプ、2列目の運転席側に照明(クーラーボックス付近)、3列目の足元にも照明あり。もちろん、天井にも1列目、2列目、カーゴスペースにあります。
購入時は以上の状態です。今後はメンテナンスを中心としたレポートを書き込んでいきますのでよろしくお願いします。

2013年11月19日にホンダから新しいエンジンが3タイプ発表されました。いずれもVTEC TURBOということで2015年以降の車種に順次採用される見通しです。
ホンダのホームページ
http://www.honda.co.jp/news/2013/4131119b.html?from=image
詳細スペックのページ
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20131119_624163.html

出力がkw表示なのでPSに換算するとkwに1.36の倍数にすると馬力表示にできます。

VTEC TURBOスペック
排気量 最高出力 最大トルク
2.0リッター直噴ターボ 206kW以上(280PS以上) 400Nm(40.8kg/m)
1.5リッター直噴ターボ 150kW(204PS) 260Nm(26.5kg/m)
1.0リッター直噴ターボ 95kW(129PS以上) 200Nm(20.4kg/m)

次のページではメンテナンス編です