桜島編

桜島

鹿児島市の市街地の前に桜島があり、鹿児島の象徴です。また、活火山なので噴火するのも日常となっています。

噴火直後の桜島 噴火後の鹿児島市内

鹿児島市街地からは4kmくらいの距離にそびえたち標高は1100mくらい。

青い海と空の桜島

南国の鹿児島ですが四季折々の風景が見られます。冬の雪化粧した桜島は雪の降雪量により冠雪の姿が変わり美しい。

雪化粧の桜島

鹿児島市からは桜島フェリーが24時間運航で渡航でき大変便利です。桜島フェリーも数隻あり各フェリーとも特徴があります。大きさも違うし、デザインも異なりますね。客室も異なります。(乗り物好きには楽しめます。)

桜島フェリー 桜島フェリー1

桜島フェリーは観光客ほか日常の通勤、通学の足として15分おきに出ています。夏の間は、納涼観光船も運行され、花火を鑑賞できます。フェリーは結構大きく、1,2階が駐車区域で大型車も乗船できますし、3,4階が旅客席となっています。

乗船時間はわずか15分程度ですが錦江湾から望む景色は海上ならではです。ときにはイルカが泳いでいる様子を見ることもできます。また、内装は立派ですよ。(簡単な食事もできますし、名物はうどんですね。)

フェリーからの桜島その1 フェリーからの桜島その2

桜島港に着くのはあっという間の時間ですね。

桜島港 桜島港からの夕日

鹿児島市から乗船する場合は人だけの場合はターミナルから先払いで大人160円、小学生80円、幼児無料となっています。(帰りも桜島のターミナルからの先払いになります。)
乗用車の場合は4~5mクラスで運転手込み価格1,600円になります。また、

鹿児島市からは直接フェリーに乗り込み、降車後に桜島側に料金所があり、後払いになります。(同乗者がいる場合は別途料金必要。)
逆に、桜島からは料金所が先にあるので先払いになるので確認が必要です。

鹿児島市桜島フェリーのページ