Windows7のサポート終了は2020年1月14日。
office2010のサポート2020年10月13日となっておりますその後はセキュリティパッチが配布されないのでご注意ください。

2020年に基本OSのwindows7及びoffice2010のサポート終了が前者が1/14後者10/13になっております。
早めのOS乗り換えとofficeの導入が推奨されています。
https://www.microsoft.com/ja-jp/business/windows/endofsupport.aspx

購入したHP製ノートパソコン

購入したHP製ノートPCは2010年春モデルのWindows7搭載のPavlion g4 シリーズ14インチワイドのやや小ぶりのモデルでCPU core i3搭載のモデルです。
グレーメタリックなので傷が怖い、天板

14インチなのでテンキーは付いていません。キーピッチはいいほうですが永く使ってきたため浮沈みが出てきました。オープン

こちらがメーカーのサイトすでにこのg4モデルは廃盤になっていますが後継機がウルトラブックで出ています。

海外メーカー製ノート

海外製のパソコンは初心者にはお勧めできません。このパソコンはPCデポで購入しましたが決して安くはありませんね。当時69,800円でoffice2010も付いていませんでした。
海外メーカー製は大抵officeが付いていなくofficeをパッケージで買うとなるとプラス30,000円は必要です。(ニーズにもよりますが決して安くて高性能というわけではありません。)

国内メーカー製のノートパソコンにはoffice2013のhome&businessが付いてくる場合がほとんどです。

主要パーツへのアクセス性能

一昔前の国内メーカー製の主要パーツのアクセスは結構大変ということで自作マシン派の自分はこの機種を選びました。
自作パソコンを組んだ方は解ると思いますが、アクセス性能が良いことはメンテナンスもしやすいしパーツ交換も容易であるに尽きる。 底外せるねじは2つでこの蓋を外せばメモリー、HDDにアクセスできる。右上の赤丸部が冷却ファンの位置なのだがアクセスはできないので、こまめにエアダクトからエアゾールで埃が詰まらないようにしよう。(布団の中でという行為は破壊行為に等しい)
中身は上側にデュアルチャンネル対応DDR3メモリーが2枚挿し、手前側はHDDになる。

排熱この部分が熱処理をする部分である。一度冷却ファンを見たが小さすぎると思った。(実際、熱暴走も発生し修理に出したが音が五月蠅い。)

メモリーはDDR3の12800タイプがデュアルチャンネルで付いている標準では2GBが2枚の4GBで最大8GBまで載せ替えることができる。(ノートパソコンはメモリースロットが2つしかないのでデュアルチャンネルを活かすには同じ性能の4GBを2枚と差し替えなければならない。)
64ビット機なので8GBもあれば十分。

自分は中央のCFD販売のメモリーに換装してバッファローツールのRAMDISKを使っている。
2GBはRAMDISKに充てているが今のところ問題なく使えている。
ラムディスクとは

性能は今でも通じるレベル

まずは搭載されているCPUを紹介しよう。
CPUの情報CPU-Zというソフトで知ることが出来るが、CPUはcore i3 380Mで2.53GHzのCPUが付いている。
デュアルコアに4スレッドというノートパソコンでは中間的なCPUである。
CPU-Zのサイトはこちら

内蔵メモリーは標準でデュアルチャンネル対応のDDR3 12800仕様で計4GB。
最大で8GB搭載可能である。

ハードディスクは2.5インチのSATA2仕様で250GB/7200rpmであるが、このスペックのマシンにはやはりSSDが本領を発揮できるので換装しました。

USB2.0が3つ付いています。(この当時はまだUSB3.0は皆無に等しかった?)
マウスは付いていません。自分はLogicool製M325を買いました。
このマウスは良い感じです。

光学ドライブですがDVDドライブが付いています。
音質はかなり凝ったものに仕上がっており外部スピーカーなしでも音楽、映画をいい音で楽しめます。

左側スピーカー
右側スピーカー

夏場は正直厳しい

熱対策はメーカー側にちゃんとしてほしかった残念な状態です。
そこは海外メーカー製なのでどうしようもないですね。国内メーカーの冷却システムとは雲泥の差がはっきりしています。こちらは最近の国内メーカーのモデル
熱この温度は4月前なのですが結構熱いです。排熱ダクトから熱風が出てきます。ファンは修理になりましたが、結構な高回転なのでまた故障する可能性も大です。(ファンストップ後はすぐに落ちます。)

全体的には海外メーカーより国内メーカーが得

海外メーカー製はマニア向け。
海外メーカー製のパソコンはサポートの面で国内メーカーより落ちますが、セカンドマシンとして使うのであれば、大丈夫かなという感じ。
自作機ファン向けが多かったが、最近は封印されたりしているのが多くなり、本格的な改造を施すかたにはいいかもしれませんが、保証はその時点で有料になります。
また、ノートパソコンなのでいじれる範囲も少ないのが事実。

でも、機種によっては魅力的なところもあります。
たとえばミニノートと言われるジャンルが多いのでそこは大いに魅力的です。
価格も2万円代で64bitのOSが付いてきますし、それはコスト面でもいいですね。持ち運びにも便利ですし。(アダプターの大きさは普通のサイズなのでちょっと残念。)
価格ドットコムの情報が有意義になりますのでリンクを張っておきます。
価格ドットコムのノートパソコンランキング
意外と海外メーカーが上位を占めています
やはり、自作機メインの方々がセカンドマシンとして使用しているニーズが多いようですね。
海外メーカーでもLenovoはサポートが良いと聞きます。(もとはIBMのパーソナル部門みたいなものですからね。)

このホームページの運営にはロリポップレンタルサーバーを使い運営しています。

ロリポップ!レンタルサーバー!はあなたの「やってみたい!」を応援します!
ロリポップ!なら、ホームページ、ブログ、ネットショップ…
これらが今すぐ、そして簡単にできちゃう!
マニュアルやライブチャットを完備しているので、ホームページ初心者でも安心。
これだけついてるのに月額100円(税抜)~ととってもお得。
もちろん無料のお試し期間も10日間あるので安心ですね。

▼ロリポップ!レンタルサーバーはこちら

トップへ