かにみんなで外にでかけよう! レジャー、車関連商品特集

シティ

車好きな自分は免許とりたてのころはホンダシティターボⅡ(後期AA)から車弄りが始まりました。
そのころの車はエアバックが無いので小径のステアリングに交換したり足回りはトキコのショックアブソーバーにタナベのH150を組みホイールはワタナベのRS8とヨコハマのM3でマフラーも替えてましたね。

レジェンド

2台目はホンダレジェンド2ドアハードトップ(後期KA3)この車はイギリスのローバー社の共同開発車で作りも良かったし当時の自動車評論家も絶賛していました。この車も17インチのアルミホイールとローダウンして乗ってました。

2代目オデッセイ4WD

3台目はホンダオデッセイ(前期RA7)初の4WD車でした。そのころはスキーにハマっていたので4駆にしたのですがノーマルでは飽きたらずフルモデューロで足回り、エアロを組んでいました。ホイールは18インチを履いていたので見た目は格好良かったですね。

RB1オデッセイアブソルート

4台目はオデッセイアブソルート(RB1)です唯一のフルノーマルでしたね。
メーカーオプションのインターナビにプレミアムサウンドシステム、スマートキーでのキーレスエンジンスタート・・・良い車でしたが諸事情で手放すことに。

ドマーニ

5台目の愛車はホンダドマーニX(MB4)です。
ドマーニは軽くて楽しい車でしたね、弄るつもりはなかったけれど結構カスタマイズしていきました。その様子をまとめたものになっております。(ドマーニMB系はシビックEK系と兄弟車でいろいろと流用したりDIY弄っています。)

フリード

6台目の愛車はホンダフリードGエアロジャストセレクション(GB3)です。(カスタマイズの基本は足回りからですね。)
このページでは電装系、便利グッズ、タイヤ、見積もりなどを紹介しています。ゆっくりご覧ください。

ステップワゴンスパーダ

6台目の愛車はホンダステップワゴンスパーダS(RF5)です。
子供の少年団等送迎での使用を目的にフリードから買い換えました。(広くてパワーがあり快適です。)
このページではフルノーマルから弄っていく様子を紹介しています。

エリシオン

7台目の愛車はホンダホンダエリシオンGエアロ(RR1)です。
家族等の旅行で活躍して生かそうと思います。(広くてパワーがあり快適です。)
このページではお手軽DIYで出来ることを動画を交えて紹介しています。

人気の商品(毎週更新)

快適グッズコーナー

総合カーナビ用品ランキング

筆者愛用洗車グッズ

これからは楽なガラス系フッ素コーティング剤のお気軽洗車アイテムが主流ですね。撥水加工(水玉がコロコロするタイプ。)親水、疎水加工(水がサーと流れるタイプ。)ウォータースポットができにくいのは親水、疎水加工で特に屋外駐車の車にお勧め。自分は屋外駐車になるので親水、疎水加工のコーティング剤を使用しています。 両者ともコーティング剤は使えば使うほど輝きと深みが出てくるという優れもの。

現在自分が使っている洗車用品(2020年現在)

万が一に備えよう

ドライブレコーダー

つい最近までは主に運送会社やタクシー、パトカーなどの一部に搭載されていたドライブレコーダーですが、現在は煽り運転、安全運転向上対策用として一般の方にもつける方が多い傾向にあるようです。

安い海外製のものから高画質、GPS内蔵等付加機能付きな日本製のドライブレコーダーが人気です。また、メーカーにもよりますが記録メディアはmicroSDのもの主流でclass10推奨のものが多いです。(動画を2分、5分、15分と新しいファイルを作って記録するものが一般的でメディアが一杯になると上書きされます。常時記録タイプがメインですが中にはGセンサーを搭載しているものもあり用途に応じて選びましょう。)

数千円台の安価な中国製のドライブレコーダーを2010年~2013年使用していましたがバッテリーが膨らんで故障しました。2014年以降は国産品を愛用していますが不具合はあまり発生しないですがそろそろ寿命かもしれません。(3年くらいの買替サイクルがベターでしょうか?)

大手パイオニアがサブスクリプションで端末の購入初期負担が要らないシステムも始まりました(2021年5月現在。)

前後撮影人気国産ドライブレコーダー

市販のドライブレコーダーで人気のカロッツェリア(pioneer)前後2カメラはもちろん高画質なのが自慢です。詳しくはパイオニアの公式サイトで紹介されています。

VREC-DH300D

自動車保険

自分は長年会社グループの保険代理店の自動車保険に入っていましたが、退職したら保険の更新時に社員割引みたいなものが適用されなくなり金額が前年を上まりました。
結局、会社関連の代理店の更新を辞めて、いろいろネットで自動車保険のことを調べて複数社のアンケート(車検証と現在の等級)に答えることからはじまりからのパンフレットが送られてきて補償内容を比べてみて、もちろん、前の代理店の補償と同等並みを調べるのに大変役に立ち年間2万円ほど安くなりました。
最近は弁護士付と50万円の対価補償がついているのが多いです。
自分は結局、条件をみたしている会社がアクサダイレクトだったので契約しました。(ただし、個人のみで法人は入れないようです。)
更新日前日までは、複数社からの見直しされたダイレクトメールが送られてきましたね。
ネット保険の場合は例えばアクサダイレクトだと自動更新ではありません。期限1か月前くらいに更新手続き案内のはがきが来ますのでネットでログインして内容を確認して更新するという形になります。
保険会社よっては保険料がかなり違うのでこの時点でほかの保険会社を見直すのもネット保険のメリットですね。(一年契約で保障内容が同じでも10,000円以上違います。)

車買い取り関連サイト

先日、自動車買取査定の比較サイトで見積もりしようと何も考えずにアンケートに答えました。 住所にも関係あるみたいですが、メールで返信がきて後日ビッグモータズから査定させてくださいと依頼がありました。(本気で買い取りたかったみたいです。)

人気車種だと2度も3度も電話が掛かってきますね。本気で買い換えたい人には役に立つとおもいます。ちなみに自分は所有者がホンダファイナンスになっていて規約をみたら全額返済しないと第3者には譲れないことになっています。

繰り越し返済ができないのがデメリットです。(ローンの場合は銀行、農協のほうが低金利、所有者等のメリットがあります。)

燃費改善グッズコーナー

少しでも燃費を良くしたい人にこんなグッズがありますので紹介しますね。
電圧を一定に保つコンデンサチューンは我が家でも愛車に装着していてアーシングを施すと効果増大。(これらのグッズってスロットコントロール以外に効果は?、最近の車は純正でプラチナプラグがついている場合がほとんどなので古い車にはプラグ交換だけでだいぶレスポンスが良くなります。)
90年代の車のプラグは以下の2種類がほとんど適合ですね。
80年代はいろいろとプラグ形状が違うらしく初代シティには特殊なプラグが使われていたのを思い出しました。(購入時にはこちらのサイトでご確認ください。)

快適な車中泊をしよう

車中泊にあると便利なグッズがたくさん是非のぞいてみてね

総合コーナー(中古車探し、タイヤアルミホイール、車検)

内装パーツランキング

レーダーランキング